朝のお散歩にて

気持ちのんびりした、午前半休の朝。 少しだけ陽が射しかけて、件の社がどう見えるか気になって。 どんぐり(ポトポト音を立てて落ちてくる)や落ち葉が、秋を教えてくれます。 こちら 子猫用。 いつもの流れから外れた、泉区の朝のひととき。 (これからお…

気付けばもう10月

そして秋を感じさせる雨も降り始めて。 漂う金木犀の優しい香りと。 いずれも「良き」ですね。

結局今日は こんな夕暮れ

9月のおわりに

久しぶりの晴れた空。寿福寺の参道を歩きたくなり鎌倉へ。 西口側は、気になる建物も多くあって。 そのまま江ノ電に乗り、極楽寺下車。 「長谷の灯り」が今年は無くて、明るいときに来るのも久方ぶり。 いつのまにかの秋に気付かされつつ そのまま稲村までお…

出合い、またひとつ。

例によっての夕方散歩。 何やら予感させる道の曲がり方です。 どうやら、小さな祠の後ろ側に辿り着いたらしく。 お気に入りスポットとの出合い、またひとつ。

「湘南 夏」って、何故か既に秋めいた感じがする。

辛かった酷暑も、どことなく「名残り」モードのような。横浜の最高気温は34℃ も、今年最後のような気がして海まで。 思い思いに、波と戯れる人々。其々に、風と遊ぶ人々。 ウインドの人たちを見やる女性。スマホで誰かを撮影中? 「真冬のサーファー」をつい…

夏の終わりのオノマトペ

本日の泉区にて。 季節の移ろいにふと気付かされるひととき。

鎌倉 酉の刻

お母さま(恐らくは)のお辞儀の深さが印象深い夕間暮れです。 叶うと良いですね。そのねがい。

8月も 2/3は過ぎました。

久しぶりに、少しは過ごしやすい と感じた夕暮れ。 わかっています。どうせ明日も危ないくらい暑いんです。 でも心の何処かに「名残惜しい」思いが既にあることに 気付かされてしまった、本日の空の色でした。

134 を左に折れ

結局 小動神社の後、134号線を左に折れ 海へ向かう道に吹く風 に晒されながら。 そんなに夕焼けが、綺麗な日ばかりじゃありません。 でも、海辺の夕暮れって、どうしていつもこう❝良い❞のでしょう。 犬・ボール・サーフボード・友人たち… 誰かと過ごす夏の夕…

腰越駅で下車したら

駅からまっすぐ海へ。此方134がカーブがしてる辺りです。 本日の 何となくの目的地 小動神社。 国道に面している割に、静かな 雰囲気の良いところです。 岬の神社。ちいさな展望台付き!(写真中央は偶然登場のトンボです) この後134を 右に進めば七里ガ浜…

夕暮れの海の辺りにいた人々

今年も夏のはじまりです。

YOKOHAMA HAMMERHEAD 

夜散歩 ロングバージョン。 ふと雨脚が弱まってくれて。

明日の予報は また雨ですが

7月も既に後半ですが、聞こえてきませんね 梅雨明けの声。 まだ細っこいひまわり達。彼らの月たる8月に向けて待機中。 湿った斜面に、一瞬 陽が射したりして。 明日の予報は、また雨ですが。

満ちてくる梅雨の、例えばこんな場面

盛りを過ぎた紫陽花も良いですね。 僅かに残る色のある花達と共に、雫が乗ることで、格段に艶を増してくれます。 つのる湿度に、このメンバー達も登場。 もう少し続きそうですね、今年の梅雨。 27℃くらいの気温と、そぼ降る雨の音は嫌いじゃないですけど。

雲の向こうに

本日の泉区にて。此方でも、とても強い風が吹きました。 災害被災の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

六月は蒼く煙って

本日の泉区にて。 待ちわびた休日の雨です。 やはり紫陽花には雨粒が似合って。 ほかの花達も、瑞々しく見えますね。 明日も雨予報。 今年の六月は、どうやら蒼く煙ったまま 終わるようです。

雨あがりの片隅で

横浜市泉区 亀谷戸のせせらぎ水辺 雨あがりの片隅で、クモの巣に残る水滴が印象的な午後。

今日もいつもの散歩道

いつもの散歩道、まだ陽は長めです。ただ、夏に向かってゆく中日の入りが これからどんどん早くなっていくのは何だか切ないなと。

鉢植えとの 語らいのような やりとり

モニターでお借りした 6D MKⅡ にて撮影 やはり画像の鮮明さは、こちらの方が上かも。 今日でお返ししちゃいましたが…

てのひらで ひかりをすくって

本日の旭区にて。

6月の鎌倉を観に

相変わらず、注意すべき状況に変わりはないのでしょうが6月ですし、今年は紫陽花も早いと云いますし、気付いたら北鎌倉のホームに。 明月院へ行く場合、先ずは此方のお宅のガレージに寄ってしまいます。初めて見た時はVWのタイプ2、そしてこの410ブルに代わ…

すこしはやさしく

よく晴れた初夏の一日。 再びの撮影チャンスです。 今回は彼のホームグラウンドなので(?) カメラを見ても泣かずにいてくれました。 この歩きっぷり、ペンギンみたいです。 で、放っておくとどこまでも行ってしまうという。 目が放せません。もちろん放し…

小雨の朝

そろそろ上がりそうで、近くの公園まで。 紫陽花のつぼみ達も、だいぶ育ってきていました。 切り株から孫生え。 風から守られているみたいに。 濡れた公園は、少しだけ 森の中にいるようです。

葉桜の候

桜並木の散歩道も、すっかり装いを変えました。 これから桜達は、眺められる存在から木陰をつくる側に回ることとなります。 涼し気な水辺に、初夏の訪れ。 泉区の5月。静かなひとときです。

相も変わらず

自宅待機の夕方散策。同じ場所へ通って、似たようなものを撮って来ても 毎回結果は異なってくるのが、歯痒く面白いところ。 考えてみれば、撮影に行く場所はほぼ固定化しています。 それでも(懲りずに)繰り返し行ってしまうのは、おそらくやはり 学習効果…

良く晴れた春の一日

なるべく人のいない時間の陽だまりに。ちょっとは外で遊びたい! あとは戻ってきて部屋でゆっくり。赤ちゃんだった1月から、見違えるようにきりっとしてきた 1歳ともうすぐ2か月。(但し何故かカメラを見ると大泣きで、早々に撮影は終了) 柔らかな光の中、…

せせらぎの散歩道で

自宅待機の夕方散策にて。 かつて愛犬と散歩した、小さな流れのある散歩道です。 優しく水の流れる音って、何だか優しくて良いですよね。 久しぶりに懐かしい道を歩いた そんなひとときのお裾分けです。

池のある公園にて

朝のうち、一寸だけ散歩してみました。 あとはゆっくり、お籠りの再開です。

お籠りの夕暮れ時に

ジョギングする人が街に出始める頃 カメラを提げて、西の空が開けた場所へ向かいます。 少し前までは、送電線が伸びる方角に 陽が沈んでいたのですが もうずいぶんと西の方へ、入り日の場所が移って来ています。 日没の少し前、雲が黄金色に染まる時。 短い…