そして薄暮は紫に

f:id:photo443:20210216211032j:plain

 ユーミンの「晩夏(ひとりの季節)」に、もう40年程魅了され続けていて。

少し暖かな2月冬の日。でもこの時間帯の撮影なら、名曲は季節を問わず

やはりアタマの中で流れて来るらしく。

 

実は毎日繰り返されている、一日のおわりの見事な色彩の移り変わり。

それを締めくくるのが、もはや色味のない夜というのも、何だか素敵なことですね。

 

地元民写真スポット的なこの場所、本日も何組か来ていて。

少し距離をおいて撮影。帰るタイミングもばらばら。其々に ひとりの時間 を

過ごしていたのでした。

今頃は当然もう誰もいなくて、月も細目だからきっと暗い夜なのでしょう。

夜空に撒かれたような 星屑のささやき。

その静けさ「しじま」に包まれた、泉区の今宵ではあります。

 

 

 

 

 

恵方巻からお昼寝を経て

f:id:photo443:20210203124143j:plain

 

f:id:photo443:20210203124215j:plain

 

f:id:photo443:20210203124232j:plain

 

f:id:photo443:20210203124248j:plain

 

f:id:photo443:20210203124317j:plain

 

f:id:photo443:20210203124352j:plain

節分の日。

恵方巻からお昼寝を経て、しばしご一緒。

稀に見かけるだけの此方のことを、どうも覚えてくれているらしく。

そうなると、ますます会いたくなっちゃうナ。

 

 

 (写真掲載ご了承にて)

愛おしい死者と共に

f:id:photo443:20210126222256j:plain

 

f:id:photo443:20210126222316j:plain

出勤前のニュース。核兵器禁止条約のイベントに

核廃絶運動家のサーロー節子さんが寄せられたスピーチのなか

「愛おしい死者と共に歩み続けましょう」という言葉がとても心に響いて。


ニュースの内容とは全く関係ない方向へ、ついココロは向かってしまうのだけれど

お世話になった方々、事故で 病で 或いは自ら 向うへ逝った、忘れ得ぬ人々。

亡くなった方を、懐かしい というより 愛おしい。そして(これからも)

共に歩んで行くという気持ちの持ち方が、スポーツドリンクのように

小さな私 の中に染み入った朝でした。

 

 

 

(写真は確かに、懐かしいではなく 相変わらず愛おしい、亡くなったウチの駄犬マル)

間が持たない夕暮れ

f:id:photo443:20210120205543j:plain

寒い日が続き、ヨコハマでは冬晴れが続きます。
日没直前、慌てて携帯を空に向けてみて。

f:id:photo443:20210120205557j:plain

 

f:id:photo443:20210120205616j:plain

 

f:id:photo443:20210120205628j:plain

マジックアワーはいつもの場所へ。
見応えのある夕暮れのひと時を、今日も持つことができました。

ただ小さい板のようなスマホだけだと、どうにも間が持たない心持ちとなるのは

気のせいでしょうか?