遅めな午後に八幡様で秋

舞殿越しの大石段。ホント偶然にそれぞれのお二人。 手水屋は柄杓不要なものが出来ていて、元来のこちらには ❝ある程の菊 ❞ 。 白旗神社の手水屋では、水面に淡く映る紅。 (PCの方はクリックで画像が拡大します)

忘れた傘のことなど

食事を終えて店を出た後、傘を忘れてきたことに気付き 取りに戻る。 店員さんは思い当たる処があるらしく、「ハイハイあれですネ」という感じで 奥に引っ込んで… というところで目が覚めてしまい、傘を「向こう」に置いてきてしまった感が そういえば ずっと…

鎌倉 浄智寺にて 夕暮れ迄

4枚目のカラスの行水の件、鎌倉十井ですよ! 贅沢なお風呂ですネ。 本日は上質なテイクアウトのコーヒー付き!人影も少なく、私の方もかなり贅沢なひとときでした。 https://www.greencore-cafe.com/ 三浦春馬さん出演のドラマに、浄智寺が出ていて 大好きな…

ちょうどその時 風も止んで

夕暮れの泉区にて。

目にもさやかに

夕暮れの円覚寺にて。 始まりましたね、今年も紅葉。 (PCの方はクリックで画像が拡大します)

何気ない日溜まりに揺れている

朝のお散歩にて

気持ちのんびりした、午前半休の朝。 少しだけ陽が射しかけて、件の社がどう見えるか気になって。 どんぐり(ポトポト音を立てて落ちてくる)や落ち葉が、秋を教えてくれます。 こちら 子猫用。 いつもの流れから外れた、泉区の朝のひととき。 (これからお…

9月のおわりに

久しぶりの晴れた空。寿福寺の参道を歩きたくなり鎌倉へ。 西口側は、気になる建物も多くあって。 そのまま江ノ電に乗り、極楽寺下車。 「長谷の灯り」が今年は無くて、明るいときに来るのも久方ぶり。 いつのまにかの秋に気付かされつつ そのまま稲村までお…

こちらも長谷の灯り。 2019 秋

もみじの色が濃くなってくる頃、秋を送るあかりが また長谷寺に灯るのでした。 照らされている紅葉はもちろん、シルエットとなる枝のかたちもアリですね。 見事な情景に圧倒されながら見上げ続ける中 首を下ろしてふと振り返ると、彼らが静かにこちらをみて…

今年の秋の色は

普段は(人が多いので)殆ど行かない鶴岡八幡宮。 ただ紅葉の時期となると話は別で、柳原神池や研修道場脇へと つい足を向けてしまう。 水面への写り込みとその下の錦鯉たち。❝色彩の浪費❞ が揺らぐ感じは、秋の醍醐味のひとつかと。 研修道場脇にて。陽光に透…

しまっておいたストーブ

秋が既に大分押しやられて、冬が来ているのを認めざるを得ない頃。 アタマの中に流れ出す曲のひとつが、風の「3号線を左に折れ」 (アルバム「かぐや姫フォーエバー」付属の写真集より) 正やんは、かぐや姫当時、既にアルファオーナーだったのですね。 http…

夕暮れ時は愉しそう

この季節、NSPの曲のタイトルを つい思い出してしまいがちですが この時間、ひとりでうろうろするのも、悪くないです。 このように、不思議な色味の移り変わりの中。 夕暮れ時は愉しそう と言わせてもらおうかト。

朝飯前の茶飯事

奴の散歩をしなくなってから、めっきり足が遠のいていたところ。雨上がりの休日の朝(遅めな散歩の時間ですね)、陽が射したので立ち寄ってみました。 住宅地の中に忽然と現れる小公園。 古墳のように高低差があり、一寸した林っぽいのです。 ススキは朝陽に…

いろいろと例えばそんなとき

ふと優しい香りが漂ってきたり カサカサいう かわいらしい音が聴こえたり なんとなく穏やかな暖かさを感じたり そんな時 君に手紙でも書こうかな なんて思ってみたりして。 元気ですか?

深まりゆく秋

の 兆しを探しに、軽く散策など。 地図を広げて浮かんだ 本日の目的地は明月院。 紫陽花も紅葉もない時期で、人が少ないことを期待して。 紫陽花が無くともゆっくり踏みしめたい石段。 秋は赤い前掛け。右のお二人、チューリップのアップリケに見えますが… 6…

そして今年も

秋は、夕暮れ。 近所の畑にちょこっとだけある、ススキコーナー。 夕陽をバックにすると、透けて輝く様がとても綺麗。 本日の日没は午後4時43分。 冬至までひと月半ほど、早い入り日との追いかけっこです。 いつもと変わらぬ火曜日の夕暮れ。 こうして一日を…

いつもと変わらぬ水曜日

この季節、折に触れて耳にするのが童謡「ちいさい秋みつけた」 ファインダーを覗いて「何か」を見つけることを喜びにしていると つい気にしてしまう歌ではあります。寂しげなメロディーも良いし。 中でも個人的な好みとしては やはり2番の歌詞*。 お部屋は北…

10月半ば 曇りの日

浄智寺は概ね無事! まだ青いままの葉もあれば 色づき始めた葉っぱ達もいて。 此方は石段前のベンチです。 そろそろ 暖かい飲み物が嬉しくなってきますね。 そして台風は去り 鎌倉に秋が残りました。